ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memory of Whitney Houston
(August 9 1963 - February 11 2012)



今週は先日他界したホイットニー・ヒューストンの追悼放送をお送りいたします。JOBOW自身も12歳の時にこの世で初めて聞いたアメリカ産のソウルミュージックが彼女であり、長年ホイットニーの一人のファンとしてデビューから現在まで愛してきたアーティストです。あまりにも多くの遺産を残したホイットニー・ワールドから個人的に想い入れの深い曲を紹介させてください。

1. All At Once 「Whitney Houston」1985年
2. I'm Your Baby Tonight 「I'm Your Baby Tonight」 1990年
3. Jesus Loves Me 「The Bodyguard」1992年
4. Something In Common 「BOBBY」1993年
(Bobby Brown & Whitney Houston)
5. Count On Me (With Ce Ce Winans) 「Waiting To Exhale」1996年
6. Step By Step 「The Preacher's Wife」1997年
7. It's Not Right But It's Okay 「My Love Is Your Love」1999年
8. Million Dollar Bill 「I Look to You」2009年





スポンサーサイト
2012年2月11日付 全米Album Chart Top10


1位 Adele「21」”Set Fire To The Rain”
2位 Tim McGraw「Emotional Traffic」”Hey Now”
3位 Lamb Of God「Resolution」”Ghost Walking”
4位 Various Artists「2012 Grammy Nominees」
   The Band Perry ”If I Die Young”
5位 Ingrid Michaelson「Human Again」”This Is War”
6位 Kidz Bop Kids「Kidz Bop 21」”Party Rock Anthem”
7位 Kellie Pickler「100 Proof」”100 Proof”
8位 Seal「Soul2」”Ooh Baby Baby”
9位 Drake「Take Care」”Doing It Wrong”
10位 Kari Jobe「Where I Find You」”We Are”

今週の注目ポイント
久々にアルバムチャートを取り上げました。今週は7つのニューエントリーでリリースラッシュとなっております。アルバムチャートに関しては、ランクインしているアルバムの中から独断で1曲を選ばせていただき、紹介させていただきます。あらゆるジャンルが入り混じるアルバム総合チャートは正にアメリカのお茶の間事情を映し出していると思います。




 

2012年2月4日付 全米Jazz Chart Top10


1位 George Benson "The Lady in My Life"
2位 Acoustic Alchemy "Marrakesh"
3位 Richard Elliot "Boom Town"
4位 Wayman Tisdale "Slam Dunk"
5位 Chuck Loeb "Red Suede Shoes"
6位 Terry Wollman "Mandela"
7位 Tim Bowman "All My Life"
8位 Paul Hardcastle "Easy Come Easy Go"
9位 Boney James "Cry"
10位 Jessy J "Hot Sauce"


今週の注目ポイント
初めての試みとなるジャズ・チャートのご紹介。市場の狭いこのジャンルのメインとなっているのはスムース・ジャズというジャンルになりますが、アメリカにおける長いジャズ史を振り返ると一言ではくくれないほど幅の広いジャンルであります。わたし個人では40年代のスイング・ジャズから60年代初期頃のモダンジャズが大好きで、10代の頃はかなりハマった経験があります。と、まあ前書きはこの辺にしておいて、現代のジャズがどうなっているのか、チェックしてみてください。


  


| HOME |

Copyright ©2011 American Music Chart Show
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。