FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月22日付 全米 Dance and Club Chart


1位 Dev "In The Dark"
2位 Lady Gaga "You and I"
3位 Jennifer Lopez "Papi"
4位 Jessica Sutta "Show Me"
5位 INXS Featuring Tricky "Mediate"
6位 Nicole Scherzinger "Don't Hold Your Breath"
7位 Gloria Estefan "Wepa"
8位 Morgan Page, Sultan & Ned Shepard, BT
Feat. Angela McCluskey "In The Air"
9位 Maroon 5 Feat Christina Aguilera "Moves Like Jagger"
10位 Leona Lewis "Collide"




今週の注目ポイント
いつもはノンストップ・ミックスでお送りしている全米ダンス・チャートですが、今回は何を血迷ったのか普通にカウントダウン方式でオンエアしてしまいました。試験的にやってみたのですが、何とテンポの悪いこと・・・それでも「内容はないよう~」なんて、くだらないことにはなっていないのでご安心を。今週もアメリカの音楽シーンは活気がありますわ。
 
 

スポンサーサイト
2011年10月15日付 全米Digital Down Load Chart


1位 Adele "Someone Like You"
2位 Maroon 5 Feat. Christina Aguilera "Moves Like Jagger"
3位 B.o.B Feat. Lil Wayne "Strange Clouds"
4位 Foster The People "Pumped Up Kicks"
5位 LMFAO "Sexy and I Know It"
6位 Rihanna Feat Calvin Harris "We Found Love"
7位 Gym Class Heroes Feat. Adam Levine "Stereo Hearts"
8位 David Guetta Feat. Usher "Without You"
9位 LMFAO Feat. Lauren Bennett & GoonRock "Party Rock Anthem"
10位 Rihanna "Cheers (Drink To That)"



2011年10月8日付 全米R&B / Hip Hop Chart


1位 Big Sean Featuring kanye West & Roscoe Dash / Marvin & Chardonnay
2位 Drake / Headlines
3位 Miguel / Quickie
4位 Lil Wayne feat. Drake / She Will
5位 Jay-Z & Kanye West / Otis
6位 Lil Wayne / How To Love
7位 DJ Khaled Featuring Drake, Rick Ross & Lil Wayne / I'm On One
8位 Beyonce / Best Thing I Never Had
9位 Chris Brown feat. Ludacris / Wet the Bed
10位 Wale Featuring Jeremih & Rick Ross / That Way



 

2011年10月1日付 全米YouTube Chart Top10


1位 Adele "Someone Like You"
2位 Avril Lavigne "Wish You Were Here"
3位 LMFAO "Party Rock Anthem"
4位 Nicki Minaj "Super Bass"
5位 Pitbull feat. Marc Anthony "Rain Over Me"
6位 Don Omar & Lucenzo "Danza Kuduro"
7位 Rihanna "Cheers (Drink To That)"
8位 Adele "Rolling In The Deep"
9位 Lil Wayne "How To Love"
10位 Katy Perry "Last Friday Night"


今週の注目ポイント

今回は初めての試みとして現在の音楽シーンには欠かせないミュージック・ビデオの宝庫「YouTube」の統計をお送りします。チャートは全米で一週間に最も視聴回数が多かった順に10位から1位までを決定しておりますので、トータルで表記されている視聴回数とは異なりますことをご了承ください。

今回は実際に上記のすべてのビデオをチェックしたのですが、何故その音楽が流行っているのか、動画を見て謎が紐解ける気がしまた。今やプロモーション・ビデオはヒットを左右する大きな役割を果たします。その手段として一番気軽に試聴できるYouTubeはミュージック・フリークには欠かせない存在ですね。

 




| HOME |

Copyright ©2011 American Music Chart Show
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。