FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月24日付 全米ダンス&クラブ・チャート


1位 Rihanna ”California King Bed”
2位 David Guetta Feat.Taio Cruz & Ludacris ”Little Bad Girl”
3位 Mayra Veronica ”Freak Like Me”
4位 Leona Lewis / Avicii ”Collide”
5位 Dave Aude feat. Elijah ”Holdin' On”
6位 Luciana ”I'm Still Hot”
7位 LMFAO feat. Natalia Kills ”Champagne Showers”
8位 Gloria Estefan ”Wepa”
9位 Depeche Mode ”Behind The Wheel 2011”
10位 Kylie Minogue Put Your Hands Up (If You Feel Love)


今週の注目ポイント
またまたやらせてもらいます。DJ Jobowによる全米ダンス・チャートのノンストップ・ミックス。個人的に大好きなんですよね、コレが。最近のダンスミュージックのBPM(音楽の速度)は大体120前後なので、ぶっつけGOでミックス出来ちゃうんですよね。それにしてもカイリ・ミノーグやグロリア・エステファンなどまだ現役バリバリなんですな。恐ろしいパワーを感じます。新作「Nothing But The Beat」をリリースしたデヴィット・グュエッタの”Little Bad Girl”とてもイケてます。リミックスのヴァージョンは放送内で紹介していますよ。

 
  

スポンサーサイト
2011年9月17日付 全米アルバム総合チャート


1位 Lil Wayne「Tha Carter 4」 "John"
2位 Red Hot Chili Peppers「I'm With You」 "Look Around"
3位 Adele「21」 "Someone Like You"
4位 Jay-Z & Kanye West「Watch the Throne」 "No Church In the Wild"
5位 David Guetta「Nothing But the Beat」 "Little Bad Girl"
6位 Jake Owen「Barefoot Blue Jean Night」 "Barefoot Blue Jean Night"
7位 Beyonce「4」 "Run the World"
8位 Game「The R.E.D. Album」 "The City"
9位 Barbra Streisand「What Matters Most」 "What Matters Most"
10位 Various Artists「Now 39」 Dev "Bass Down Low"


今週の注目ポイント
9月17日付けのアルバム・チャートには各ジャンルより4つのニューエントリーが新たに入っています。6位カントリー界の中堅ジェイク・オーエン、5位はダンス・ミュージックのカリスマ的存在デヴィット・グエッタ、2位は日本でも大人気、東京の某ラジオ局でも大きく取り上げられていたレッチリの新作。そして、注目の1位に・・・

3位 Adeleの”Someone Like You”はフルでお届け。先週の19位からジャンプ・アップです。その訳は放送内にて説明しておりますので、お聞き逃しなく。



  

2011年9月10日付 全米シングル総合チャート


1位 Maroon 5 'Moves like Jagger'
2位 LMFAO feat. Lauren Bennett & Goon Rock 'Party Rock Anthem'
3位 Foster The People 'Pumped Up Kicks'
4位 Bad Meets Evil feat. Brono Mars 'Lighters'
5位 Katy Perry 'Last Friday Night'
6位 Nicki Minaj 'Super Bass'
7位 Lil Wayne 'How To Love'
8位 OneRepublic 'Good Life'
9位 Pitbull feat. Ne-Yo, Afrojack, Nayer 'Give Me Everything'
10位 Gym Class Heroes feat. Adam Levine 'Stereo Hearts'


今週の注目ポイント
様々なジャンルをかき分け、トップ10を競う全米シングルの総合チャート。覗いて見るとそこにはアメリカの、いや世界の音楽市場の動向がはっきりと映し出されています。そんな総合チャートの動きから一番気になっているのはマルーン5のリード・ボーカル、アダム・レヴィーンでしょう。今週は10位にトラヴィ・マッコイ率いるGym Class Heroesのフィーチャリングとして、そして1位に躍り出た自身のMaroon 5の 'Move like Jagger'が世界各国にてチャートの首位を記録。彼の魅力が再び世界を魅了しているようです。今週は8/26に行われたMTVビデオ・ミュージック・アワードの情報も交えながらお伝えします。



 

Best Songs of the Summer 2011


1位 LMFAO feat. Lauren Bennett & GoonRock -Party Rock Anthem-
2位 Pitbull feat. Ne-Yo, Afrojack & Nayer -Give Me Everything-
3位 Adele -Rolling In The Deep-
4位 Nicki Minaj -Super Bass-
5位 Katy Perry -Last Friday Night-
6位 Lady Gaga -The Edge Of Glory-
7位 Lil Wayne -How to Love-
8位 Katy Perry feat. Kanye West -E.T.-
9位 OneRepublic -Good Life-
10位 Hot Chelle Rae -Tonight Tonight-
 


今週の注目ポイント
2011年夏のベスト・ソングスと題して7月から8月にかけてアメリカ国内で最も流行ったシングル曲を統計に基づき集めております。アメリカのエンターテイメント事情に詳しい方でしたら納得のチャートでしょう。もう夏も終盤、今年は皆様にとってどんな夏になりましたか?音楽は思い出を鮮明に再現してくれるんですよね。素晴らしいぞ!音楽の力って!この中にあなたの思い出を再現してくれる曲があれば、うれしいな~









| HOME |

Copyright ©2011 American Music Chart Show
All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。